目の健康に役立つアントシアニンを含むブルーベリー|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

目の健康に役立つアントシアニンを含むブルーベリー

現代は目が光の刺激を受けやすくなっています。年々増加の傾向にある紫外線量やパソコンやスマートフォンなどの画面の光に目を長時間さらすような生活が普通の時代となっているからです。眼球には、物を見るためのピント調節など様々な機能がありますが、紫外線やブルーライトと呼ばれるパソコンの画面などの光にさらされることで、その機能が次第に弱まり、眼精疲労を起こしやすくなってしまいます。

ブルーライトによる疲労に効くブルーベリー

現代の眼精疲労の特有の傾向には、やはりブルーライトの影響があげられます。仕事や趣味においてもかかすことができないパソコン機器ですが、その画面の光を見続けた場合、眼精疲労だけでなくドライアイを引き起こすこともあるそうです。もちろん視力が落ちてしまうという弊害も生じてきます。また、眼精疲労が進行することで、肩こりなど体の他の部位に不調をきたすこともあります。視力を保ち、ドライアイなどを避けるためには、パソコンの画面などを見ないで過ごし、目を休ませる必要があります。しかし、パソコン機器などは、現代の生活で必要不可欠な道具であるため、それは難しいのが現状でしょう。

サプリとして用いられているビルベリー

目の健康を保つためによく知られているのがブルーベリーです。ブルーベリーは、コケモモ属に属すベリー類で、世界各地で栽培されています。特にヨーロッパでは、伝統的なハーブとして昔から使われてきた歴史があり、医薬品として商品化されているものもあるようです。目に良いフルーツとして有名なブルーベリーですが、その種類はいくつかあり、種類によって効果に差があるといわれています。ブルーベリーそのものを生やジャムなどの加工食品として食用にしている品種と、サプリで用いられている品種は異なります。サプリの原料となるのは、特にビルベリーと呼ばれるブルーベリーです。

網膜のロドプシンに作用するアントシアニン

ブルーベリーの効果は、色素成分であるアントシアニンと呼ばれるポリフェノールの一種が目の網膜と呼ばれる部位に含まれるロドプシンという物質に作用するためだといわれています。このロドプシンは、視力を保つために必要な物質となっています。アントシアニンは、このロドプシンの働きを助ける役目を担うため、視力低下や疲れ目などに有効となっています。この眼精疲労に効果があるアントシアニンの含有量は、ビルベリーが最も多いそうです。ビルベリーは、ジュースやジャムなどに加工されていますが、加工食品にはどうしても大量の糖分が含まれることも多いため、摂りすぎに注意が必要となります。

まとめ

その点サプリで摂取すれば、余分な糖分を摂りすぎる心配はありません。またブルーベリーのサプリには、アントシアニンだけでなく、ルテインやヒアルロン酸など目だけでなく体全体にうれしい成分が含有されているので、ブルーベリーそのものを食べるよりも、様々な効果が期待できます。