医薬品レベルの効果を持つブルーベリー|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

医薬品レベルの効果を持つブルーベリー

ブルーベリーは目に良い栄養素を豊富に含んでいることで知られています。特に濃い青紫の色素となっているアントシアニンは、強力な抗酸化作用を持った栄養成分で、この栄養素を濃縮したサプリメント等も数多く市販されています。

昔から知られていたブルーベリーの効能

ブルーベリー自体の起源は北米大陸にあり、昔から先住民が貴重な栄養源として摂取していたことが分かっています。医薬品にも勝るとも劣らない豊富な栄養素に関する逸話は数多く存在しています。ヨーロッパ人がアメリカ大陸に移住を始めたころ、折り続く食糧不足から栄養失調に陥る人が続出する中、原住民が差し入れてくれたブルーベリーによって、たちまち回復したという話が記録として残っています。また太平洋単独横断飛行で有名なリンドバーグは、自分の視力が高い理由として、子供の頃からブルーベリーがたっぷりと入ったパイを食べ続けていたからだと答えたという逸話も残っています。

ブルーベリーの栄養素と効果効能

アントシアニンは、ポリフェノールの一種であり、視覚機能を改善したり眼精疲労を取り除く効果があることで知られています。その効果は医薬品にも引けをとりません。アントシアニンを摂取することで、網膜回りの血流が改善され、それによって目の焦点を調節する役割を果たす毛様体筋の働きもスムーズになり、ぼやけていた視界がはっきりと見えるようになります。目が疲れて視界がぼやけたときには、サプリメントを摂ると良いのは、こうした理由によります。またビタミンやミネラルも豊富に含まれており、食物繊維に至っては果物の中で首位クラスとなっています。

やはり一番特異なのは目の健康維持

豊富なビタミン・ミネラルが含まれていることから、アンチエイジングや美容、ダイエットにも適したブルーベリーですが、やはり最もその効果を発揮するのは目の健康に関することです。アントシアニンは、血流を改善することによって毛様体筋の動きを改善するだけでなく、ロドプシンと言うタンパク質の再合成を活発化します。ロドプシンは網膜にあるタンパク質で、これが分解されることによって脳に映像が伝達される仕組みになっています。しかし、目が疲れてしまったいるときや、眼精疲労の症状が進んだ状態のときは、分解されてしまったロドプシンの再合成がスムーズに進まなくなり、結果として視界がボヤけたり、かすみ目の症状が引き起こされてしまいます。

まとめ

ロドプシンの再合成の他に、ロドプシンの原料になるビタミンAも大量に含んでいるブルーベリー。1日に必要な量を摂取しようとすると、例えば食物繊維なら90個近く必要になってきます。そのためそのまま食べるよりも、干しブルーベリーやジャム、あるいはサプリメントなど、色々な方法で摂取すると良いでしょう。