優れた栄養素の宝庫ブルーベリー|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

優れた栄養素の宝庫ブルーベリー

ブルーベリーと言えば、目に良いとされているアントシアニンが豊富に含まれていることで知られています。しかし、単に目に良いというだけではありません、実のところブルーベリーは野菜や果物の中でもトップクラスに入る栄養素の宝庫と言われています。

やはり目玉の栄養素はアントシアニン

ブルーベリーの効能は昔から知られていました。原産地は北米大陸で、原住民は古い時代からこの果物が沢山の栄養分を持つ食べ物であることを認識していたようです。またヨーロッパにおいてその効果・効能は広く認められており、医薬品の中にはこの成分を配合しているものがいくつも市販されています。そこに含まれているアントシアニンは、網膜が映像を脳に伝える際に必要とされるロドプシンの再合成をスムーズにする働きを持っています。ロドプシンは光の刺激を受けることでいったん分解されるのですが、その後の再合成に支障がでると、視界がぼやけるなどの症状が出てしまいます。アントシアニンによって目が良く見えるようになるのは、ロドプシンの再合成が活性化されるためです。

アントシアニンと他の栄養素との相乗効果

ブルーベリーには、アントシアニンの他にもビタミンやミネラル・食物繊維など、栄養素の宝庫と言えるくらい種類豊かな成分を含んでいます。そして、それらが相乗的に作用して働くことによって、より大きな効能・効果を発揮していることが知られています。例えばビタミンAも非常に多く含まれているのですが、これはロドプシンの原料ともなる成分です。ビタミンAによってこのロドプシン原料が補給され、同時にアントシアニンによって再生成が活性化されることにより、目にとってダブルの相乗効果が発揮できるのがこの果実の特徴であると言えるでしょう。

タンニンは意外と知られていないブルーベリーの栄養素

ブルーベリーは、食物繊維も多く含んでいます。水溶性と不溶性のものがバランスよく含まれており、その量は果物の中でも首位に入るほど豊富に含まれています。また意外と知られていないのがフラボノイド系のポリフェノールであるタンニンです。ブルーベリーの渋み成分であり、強い抗酸化作用があり、またコレステロールを抑制する働きを持っています。タンニンには収れん作用があり、これが肌や腸を刺激することで、引き締め効果を発揮します。昔からタンニンは下痢を止める作用があることが知られており、民間薬においてもよく利用されてきました。

まとめ

素晴らしい栄養素がいっぱいのブルーベリーですが、一粒一粒は小さいものなので、一日に必要な栄養素分を生のブルーベリーで補給しようとすると、それなりの量を食べなければなりません。継続的に摂取していくのであれば、サプリメント等を有効活用するようにすると良いでしょう。