ブルーライトによる刺激に効果があるルテイン|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

ブルーライトによる刺激に効果があるルテイン

現代の生活に不可欠になっているパソコンやスマートフォンですが、その画面の光は目に有害だといわれています。この光は色が青いことからブルーライトと呼ばれており、網膜の黄斑部と呼ばれる部位の脂質を酸化させるため、目の不調の主な原因となっています。

同じくブルーライトに効果的なゼアキサンチン

ルテインは、このブルーライトを吸収し、その抗酸化作用を発揮して、黄斑部の酸化を予防します。そのため、目の健康維持にこの物質のサプリメントを摂っている人は多いようです。ルテインは、植物の葉の緑色や、花の黄色、また卵黄などに存在するカロテノイドと呼ばれる色素成分です。ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜にも多く含まれており、植物が光合成を行う際に不可欠な色素となっています。体内においては、同じカロテノイドの一種であるゼアキサンチンとともに網膜の黄斑部に多く存在しています。そして、黄斑部の健康維持にゼアキサンチンは非常に役に立っているそうです。

ブルーライトに効果がある物質ルテイン

ブルーライトは目に有害ですが、このブルーライトが直接目に悪影響を与えるのではありません。ブルーライトが目に当たることで、活性酸素が発生し、この活性酸素によって目が老化してしまうことが、目の不調の主な原因です。近視や乱視なども活性酸素によるところが大きいと考えられており、それらにもルテインは有効だと期待されています。加齢に伴って生じてくる加齢黄斑変性症の予防や症状が出てしまっている場合にも、その緩和にもこの物質が用いられることがあるようです。食事からルテインを多めに摂取していると、加齢黄斑変性症の発生のリスクを減少させるという報告もあります。

ブルーベリーと一緒に摂取したいルテイン

加えて、年齢を重ねるとリスクが高まる白内障にも効果があるそうです。白内障は、眼球の水晶体と呼ばれる部位に含まれているタンパク質が老化することで白濁し起こるといわれています。ルテインは、白内障の進行を抑制するためにも利用されています。この物質は光の刺激を緩和し、視界のコントラストに対する感度を改善させる効果もあるようです。目の不調には、ブルーベリーも良いといわれています。しかし、ブルーベリーとルテインとは、特徴や役割が異なっているので、両方を同時に摂取することで目の健康維持により期待ができるそうです。

まとめ

ルテインは植物の葉や花に含まれ、色を示す成分となっています。年齢による視界のゆがみなどの悩みに同じカロテノイド系の一種であるゼアキサンチンとともに効果を発揮します。眼球の黄斑部の健康が気になる場合には、積極的に摂取することで、目の健康維持に役立つでしょう。