ブルーベリーの効能とその栄養素|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

ブルーベリーの効能とその栄養素

目に良いと言われている食べ物の中でも、ブルーベリーはトップクラスの視力回復効果があると言われています。小さな果実の中に、どのような目に良い成分が含まれているのかと言えば、強力な抗酸化の働きをするアントシアニンと呼ばれるポリフェノールのひとつです。

ブルーベリーの秘密はアントシアニンだけじゃない

アントシアニンの高い抗酸化力は、活性酸素に対して強力な除去作用を現すことで知られています。ガン予防に対する研究が進められている他、脳細胞の老化を防ぐことから、認知症に対する効果も期待されています。さらに免疫力を高める働きについては、40種類の果物・野菜と比較した中でトップクラスの働きを行うことが、米国農水省の研究によって明らかにされています。また血流を改善し、血管を強くしなやかにする働きもあるため、高血圧や動脈硬化といったものに対しても有効であることがわかっています。しかし、ブルーベリーにはアントシアニン以外にも様々な健康に良い成分が含まれています。

ダイエットにも有効なブルーベリー

実はブルーベリーには食物繊維が豊富に含まれています。実はその量はバナナと比較した場合、同量あたり2.5倍の食物繊維が含まれています。イチゴやキウイと言った、便通に対して良いとされている果物と比較してもトップクラスに位置しています。特に便通に効果が高いとされている不溶性の食物繊維が2種類含まれているため、ダイエットに対しても非常に優秀な働きをしてくれる果実ということになります。また最も知られている目の健康についての働きは、単純に視力回復に良いだけではなく、眼精疲労や白内障、老眼等にも良いとされています。毎日食べている人とそうでない人を比較すると、毎日食べている人の目の病気への罹患率は38%も低いという統計が報告されています。

ブルーベリーの栄養を効率的に摂取するには

ブルーベリーに含まれているアントシアニンを効率的に摂取する方法としては、サプリメントが一番お手軽です。しかし、果実自体が大変おいしいものであり、また工夫次第で、そこに含まれている栄養素を増加させることも簡単です。例えば干したものや冷凍されたものは、そこに含まれている栄養素が増加することが知られています。もちろん生のままで食べるのも構いません。ジャムにしたり、ジューサーにかけたり、デザートにトッピングしてみたり、様々な方法でこまめに食べる機会を増やすようにすることが大切です。およその目安としては、1日あたり60から300g程度を食べるのが望ましいとされています。

まとめ

市販されている食品や飲料の中にも、ブルーベリーやその成分が含まれているものが沢山存在しています。理想的には、毎日サプリメントや干したものを沢山食べるのが良いわけですが、バリエーションを増やすことによって楽しみ味わいながら、視力回復他、健康を手に入れることができるというのがブルーベリーの一番の魅力です。