ブルーべリーの正しい摂取方法と副作用|ブルーベリーサプリ比較ランキング|おすすめの最強サプリはコレ!

ブルーべリーの正しい摂取方法と副作用

目の健康に役立つといわれており、サプリメントも数多く販売されているブルーべリーに含まれる抗酸化作用「アントシアニン」は、サプリメントの中でも比較的変化を実感しやすいといわれています。その効果を最大限に高めるための摂取方法や、副作用等についてまとめました。

ブルーベリーの効果をより高めるためには

ブルーベリーに含まれる抗酸化成分アントシアニンは、「ルテイン」や「クロセチン」などと合わせて摂取することで、より強い効果を発揮します。たとえば、加齢による目の変化が気になる方は、ブルーべリーとルテインを、近視の悪化を防ぎたい方は、ブルーベリーとクロセチンなど、アントシアニン以外の成分にもこだわることで、より変化を実感しやすくなります。これらを効率的に摂るためには、通常の食事では限界がありますので、市販のサプリメントなどを利用するのがよいでしょう。一日の摂取推奨量を手軽に摂ることが可能になります。

ブルーベリーを摂取するベストなタイミングとは

ブルーベリーサプリメントは、食後に飲むことで吸収率をアップさせることができますが、最も重要な点は「目を使う前に服用する」ということです。速やかな効果を実感したい場合には、パソコンやスマートフォンの運用、夜間の車の運転など、目を酷使する3~4時間前のタイミングに服用しておくのがベストでしょう。もし、仕事中など、疲れを感じ始めてから飲む場合には、カシスベリーやクロセチンなどの吸収率がより高いといわれている原料が使用されているものを選ぶのもよいでしょう。また、アントシアニンは24時間後には排出されてしまうため、持続的な効果を望むのであれば毎日服用することが大切です。

ブルーベリーサプリの副作用について

ブルーベリーはもともと食品ですから、1日の摂取量を守って飲んでいれば、副作用を起こす恐れはほぼないといってよいでしょう。アントシアニンは、摂取後24時間で体外に排出され、たとえ飲みすぎてしまったとしても余分な成分は吸収されないからです。ブルーベリーそのものには副作用はほぼないのですが、「昨日飲み忘れてしまったから今日は多めに飲んでおこう」などの理由で量を増やしてしまえば、簡単に過剰摂取が起きてしまいます。ビタミンBやビタミンCなどの水溶性ビタミンは、過剰摂取しても体外に排出されますが、ビタミンAやビタミンEは、体内に蓄積され、健康被害を起こすことも考えられます。そのため、複数のサプリメントを同時に摂取する際には、これらの成分が過剰摂取にならないかどうか注意しましょう。

まとめ

服用してから数時間で効果を発揮し、副作用もほぼないブルーベリーサプリメントですが、時に健康被害を及ぼすこともあります。用法・容量を守り、他のサプリメントと合わせて過剰に摂ることがないように注意をしましょう。